「ピック・アンド・ロール編」

大学・社会人で10度の日本一!!

 

トッププレーヤーがひた隠しにしてきた超実戦的2対2ノウハウ、満を持して遂に公開・・

 

考えるスキルブック(ピック&ロール編)

 

2016年3月23日リリース!

 

あなたをネクストレベルへ引き上げる!

 

魔法のコンビネーション! 全国大会でも通用する!

 

オンボールスクリーンの極意、徹底的にお伝えさせて頂きます。

こんにちは。

 

中川直之(なかがわなおゆき)と申します。

 

強いボールマンDEF差し込まれる・・

 

1対1でどう頑張っても攻め込めない・・

 

オフェンスで体力を消耗しDEFおざなりになる・・・

 

格上相手に打つ手がない・・・

 

もし、あなたがこれら悩みに苦しまれているのであれば

「考えるスキルブック(ピック&ロール編)」

あなたの現状を打破する突破口になること間違いなしです!

 

 

この教材で あなたにお伝えすることは

私が学生・社会人で10度の日本一を達成するなかで試行錯誤し磨いてきた、 超実戦的コンビネーションプレーのノウハウです。

「これがあったから日本一になれました!」

ピック&ロールがなかったら・・・・

これを思うとゾっとします。

日本一はおろか、予選突破すらキビシかっただろうと思います。

 

このオフェンスノウハウは私のバスケットの生命線であり、

最強の武器

 

スピード、サイズ、ジャンプ力、どれもがふつう・・

 

いわばバスケット弱者の私でも日本一を手にすることが出来たのは 間違いなくピック&ロールがあったおかげです!

「私が全国屈指のディフェンダーを無力化できたわけ」

全国区のディフェンダーともなると

そうそう1対1で出し抜けるものではありません

いや、下手をするとドリブルすらつかせてくれないことも。

 

ただ、ピック&ロールを使えば、それらは全く問題になりません

むしろ、ハードに守ってくる相手だからこそ有効な打ち手だと思います。

 

ピック&ロールを習得すれば、どんな屈強なディフェンダーに

対しても効果的にオフェンスを仕掛けていくことが可能になります。

 

あなたのバスケットにも是非ご活用いただきたいです!

「分かっていても止められない!!」

ピック&ロールは基本的に防御するのが難しいオフェンスシステムです。 世界最高峰「NBA」であれだけ多用されているのを見ればご理解頂けるかと思います。

 

なぜ、ピック&ロールを守ることが困難なのか?  その理由について、この動画教材のなかでみっちりお伝えさせて頂きます!

 

世界ナンバー1プレーヤー、レブロン・ジェームズも

使っているピック&ロール!

あなたも出来るようになります!

「あなたのピック&ロールが機能しないわけ」

色んな現場にバスケットを教えていますが ピック&ロールが

機能していないケースで一番多いのが スクリーンというものを理解していないことです。  

 

「えっ?スクリーン??そんなの知ってるよ!」

 

”知っている”と”出来ている”

 

実はここに大きな隔たりがあるんです。

 

あなたのピック&ロールに何が足りないのか。

今回それを当教材のなかで徹底的にお伝えさせて頂きます。

「ピック&ロールを成功させるための3つの約束!」

多くは言いません。

ピック&ロールの効果を上げたいのであれば、3つだけ約束を

守ってください。今回、教材の冒頭でその3つの約束事についてみっちりお伝えさせて頂きます。

 

そうすれがあなたのピック&ロールが、分かっていても

止められない、エッジの効いたピック&ロールに昇華することでしょう! 全国大会でも確実に使えるアイテムになります。

3つの約束事、これは必見です!

「ボタンの掛け違い・・」

ピック&ロールが上手くいかない理由の一つはこれ!

 

ちょっとしたタイミングのズレ、細かい駆け引きの部分・・

 

実は出来る人はここが違います! 今回私が徹底的に実演を

見せながらポイントをレクチャーさせて頂きます。

 

効果的なピック&ロールは何がどう違うのか?

 

コトバと動きのセットで確実にご理解頂ける内容となっております。 ディフェンスの反応に応じた、プレーのバリエーション。

 

「こう動いたらこう!」

 

これらすべてを体系立ててご説明させて頂いています。

「これで全中2位になりました!」

世界で最も有名なピック&ロールデュオといえば、

ストックトン&マローン!

 

あのバスケットの神様マイケルジョーダンをも苦しめた

攻撃手法がこのピック&ロールなんです。

 

私が中学3年のころ、ストックトン&マローンは全盛期!

 

当時擦り切れるぐらい伝説のコンビのピック&ロールプレー、

ビデオで見て研究しました。 気づいたポイントを意識し、

チームのオフェンスで取り入れてみたところ、なんと全中で

強敵を次々に撃破!準優勝することが出来ました!

 

田舎の中学生チームが格上チームを破ることが出来たのは、

ピック&ロールを理解し、実行したからです。

DEFの予測を無力化させる??」

DEFは予測を立てて動くものです。私の提唱する

ピック&ロールでは このDEFの動きを思いきり逆手にとることで簡単に相手を出し抜いていきます。

 

どのように相手DEFの裏をかくのか? 考え方のベースに

あるのは、あなたが子供のころからしているあの遊びと同じ!

 

しょうじき、このノウハウを知っているのと知らないのとでは起こる出来事が全く変わってきます!

 

一部のトッププレーヤーだけが理解し、使っている

マル秘テクニック。

 

知らなければ一生バスケットで遠回りをすることになるかも

しれません。これ以上、非効率なプレーをしないためにも、

是非このマル秘テクニック掴んでもらいたいです。

 

「1on1は好き!楽しい!だけど・・・

目標は全国制覇!

 

そのためには4日で6試合のチャンピオンシップを勝ち切らなくてはなりませんでした。  

 

ただ、試合を重ねるごとに、体力を消耗・・・

 

「これ以上1on1で体力を浪費するわけにはいかない・・」

 

合理的で且つエッジの効いたオフェンスのやり方。 迷うことなく自分が選択したのはピック&ロール!

 

ピック&ロールがあったおかげで、私はたった5人で全国制覇を成し遂げることが出来たのです。

ピック&ロールをやる目的」

なぜピック&ロールをやるのか?

 

単にオフェンスしやすいからだけではありません。

 

それはゲームをトータルで考えたときに、さまざまな効用が

あるからです。

 

コート上の司令塔ポジションPGとして、私がどのようにピック&ロールを使い、ゲームをマネージメントしてきたのか?

 

この教材のなかではそれについても触れていきます。

© 2016 考えるバスケットの会.